大戦景気と船成金 『山本唯三郎』

ヨーロッパを主戦場とした第一次世界大戦は、日本に大戦景気とよばれる好景気をもたらしました。

そして教科書には必ずと言ってよいほど、成金の暮らしぶりを紹介するもののとして、成金のおじさんが100円札を燃やす風姿画が掲載されています。

そのモデルは、岡山県出身の山本唯三郎(やまもとたださぶろう)という人物だとされています。

授業の導入用にと思って、動画を作ってみましたので、ご覧ください。

鈴木商店本店の焼き討ちと米騒動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください