「下りもの」から株仲間を考える。

本日、歴史的分野のカテゴリーに、江戸時代の「株仲間」に関する教材を投稿しましたので、是非のぞいてみてください。

◆まず、江戸っ子にとっての一流品は、「made in 上方」だったことを押さえた上で、授業を展開します。

◆逆に江戸っ子が二流品だと思っていたのが「 made in 関東」であり、地元関東の商品を下らないものと思っており、これが取るに足らないものを「下らない」という語源だという説もあります。

「下りもの」を運ぶ菱垣廻船・樽廻船 ~ 株仲間とは? ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください