中世の惣村や戦国時代を教えるとき、ちくま新書の「百姓から見た戦国大名」を一読されることをお勧めします。

この本は、中世の農村は、常に飢餓と戦争の不安にさらされており、戦国大名に国取りの野心がなくとも、支配下の村々の意向で他国に侵攻することもあったという、これまでと違った視点で書かれています。

また、村同士の戦争の記述(p69~)もあり、私はこの箇所を読んで、中世の村についての考え方が大きく変わりました。

◆歴史的分野のカテゴリーに、惣村と戦国時代の教材を投稿しているのでご覧下さい。

室町時代の農村 ~自治組織『惣村』~

各地で争う戦国大名 ~農民の立場から見た戦国時代~