グーテホフヌンクスヒュッテ社と八幡製鉄所

官営の八幡製鉄所は、ドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ社(GHH)の設計により建設され、1901(明治34)年から鉄鋼の生産を始めました。

*世界遺産の関連資産は見学できないのすが、官営八幡製鐵所旧本事務所の外観が眺望できるスペースがあります。

このグーテホフヌンクスヒュッテ社は、オーバーハウゼンにありましたが、ウィキペディアによると1990年前後に操業を停止しているようです。

*オーバーハウゼンはルール工業地域の中にあり、鉄鋼の町エッセンから北西へ約10kmのところにあります。


*1920年頃のGHH石炭鉱石

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください