雨温図をエクセルで作成

地理のワークシートやテスト問題を作るときに、雨温図が必要だと思いますが、皆さんはどのよう対応していますか。

雨温図の画像を探すよりも、エクセルを利用して作った方が効率的です。

ネットで雨温図を作成するためのエクセルデータを探すとたくさんヒットしますが、ワクワク地理授業「授業のアイディアルーム」というサイトで公開されているのが一番のお勧めです。

*自己紹介を見たところでは、このサイトを運営されているのは、1957年生まれの中学校社会科の先生のようです。私より約10歳年上の大先輩。

A2とP2のセルに作成したい都市の数字を入力すると、VLOOKUP関数で月別の平均気温と降水量を拾い上げるように設定してあるので、すぐに好きな都市の雨温図を作成することができます。

また、データがない都市については、データを自分で入力すれば、同様にVLOOKUP関数を使って雨温図を作ることができます。

各都市のデータは気象庁のホームページで公開してあるので、これをコピーして、エクセルに貼り付ければ簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください