日本海側ではなぜ冬に降水量が多いのか。

大人にとっては簡単に分かる理屈ですが、子どもにとっては難しそうです。

しかも、実力テストや高校入試にもよく出題されます。

そこで、次のような頭の中で空想する実験を考えてみました。

 

 

◆黒板にこの図を掲示して、そこに子どもたちが想像したことを書き込ませてみてはどうでしょう?

◆チョークの粉は湿った空気、扇風機の風は冬の季節風というのは、容易に想像がつくと思います。

◆山の高さが上段と下段で違うようにすることで、考えやすいように工夫してます。