地理・歴史・公民のネタ探し
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 02_歴史

02_歴史

南蛮貿易で伝えられた天正カルタ

◎子どもたちに南蛮貿易で伝わったカルタについて教えるときには、是非、天正カルタの画像データ(PNGファイル)というサイトをのぞいてみてください。 ◎下の写真は、このサイトでダウンロードしたカルタを黒板にはりつけたものです …

イスラム教についての基礎知識 ”シーア派” ”スンニ派”

私は Podcast をよく聴いていますが、お正月に放送された、文化放送オトナカレッジ図書館の『イスラム教とは何なのか?』という番組について紹介します。(私が調べたことも加筆してます。) *この番組は、イラン人(ペルシャ …

キリシタン大名が派遣した天正遣欧少年使節

私は、伊藤マンショ 千々石ミゲル 中浦ジュリアン 原マルチノ の4人の少年が描かれた、この絵を見るのが大好きです。 歴史の教科書に出てくる資料で、一番のお気に入りです。約400年前にタイムスリップしたような気分になり、歴 …

『おもしろ博物館ショップ』で教材探し

博物館グッズや社会科モノ教材を専門に扱う『おもしろ博物館ショップ』をご存知ですか。 ちょっとネットで調べてみてください。おもしろそうな教材がたくさんあります。 私は『漢委奴国王印』『親魏倭王印』の金印のレプリカ(ゴム印) …

竹崎季長の「蒙古襲来絵詞」のデジタル教材

肥後の御家人である竹崎季長(たけざきすえなが)の元寇での活躍についてネットを調べていたところ、授業に使えそうな教材を見つけました。 平成13・14年度研究課題「九州大学所蔵の記録史料の活用とデジタル・アーカイブス構築に関 …

大航海時代の船乗りの苦労について考えよう。

◆授業の準備をしていて、最もワクワクする単元の一つが『大航海時代』です。 この時代の船乗りたちのことを想像すると、胸が高まります。貧しい生活から抜け出そうと、一攫千金を目指す若者たちのエネルギーを感じるからかもしれません …

能面のレプリカ

レプリカといえば、実は昨日の歴史の授業で『能面』を使いました。 教材カタログで見つけて買ったものですが、室町時代の文化の導入の際、実際に子どもたちに被る体験をさせました。 ➊ 下の女面は小面(こおもて)でようか? それと …

亀の甲羅のレプリカ教材『甲骨文字』

歴史の学習では、子どもたちに本物(或いはレプリカ)を見せたり触ったりさせることができれば、授業への関心が高まります。 私は、中国文明の単元では、ネットで購入した牛の肩甲骨を見せていますが、とても反応がよくて、子どもたちを …

オランダ商館長ドゥーフの辞書

◆これまでに何度も紹介した長崎歴史文化博物館では、商館長のヘンドリック・ドゥーフの業績についてのミニシアターが上映されています。 ◆この映画には、彼が日本のオランダ通詞と協力しながら、オランダ語の単語を長崎弁に訳している …

解体新書を見たことはありますか?

先日、長崎歴史文化博物館に行ってきたのですが、展示物がおもしろくて時間が経つのを忘れてしまいました。 ◎長崎らしく蘭学のコーナーもあったのですが、解体新書(レプリカ?)を手に取って見ることができました。 ◎内藤記念くすり …

長崎の古地図からみた鎖国

下の古地図は 長崎歴史文化博物館 に展示してありますが、博物館のガイドの方から、現存する地図の中で、一番古い時代の長崎の町を描いたものだという説明がありました。 *寛永長崎港図 *「内町」をあらわす白と「外町」をあらわす …

「下りもの」から株仲間を考える。

本日、歴史的分野のカテゴリーに、江戸時代の「株仲間」に関する教材を投稿しましたので、是非のぞいてみてください。 ◆まず、江戸っ子にとっての一流品は、「made in 上方」だったことを押さえた上で、授業を展開します。 ◆ …

【映画】恋におちたシェイクスピア “Shakespeare in Love”

週末にDVDをレンタルして観ました。 この映画は1998年公開のアメリカ映画で、アカデミー作品賞などを受賞した作品です。評価はまちまちのようですが、ラストの『ロミオとジュリエット』の初演(1595頃?)の場面がよかったで …

楽市について

以前『座』と『関所』についての教材を投稿しましたが、ちくま新書の「百姓から見た戦国大名」(ちくま新書)には『楽市』(p194)について次のように記されています。 楽市については、教科書的な古典的理解では、大名権力が従来の …

書籍の紹介「百姓から見た戦国大名」

中世の惣村や戦国時代を教えるとき、ちくま新書の「百姓から見た戦国大名」を一読されることをお勧めします。 この本は、中世の農村は、常に飢餓と戦争の不安にさらされており、戦国大名に国取りの野心がなくとも、支配下の村々の意向で …

『座』と『株仲間』について

中学校の社会科の教師にとって、『座』と『株仲間』は教えるのがとても難しい内容です。 さらに、教師自身がどれくらい理解しているかも、怪しいところがあります。(自分自身もそれほど自信があるわけではありません。) 今日、『座』 …

大阪の空襲から平和について考える。

今年の1月末、奈良に出張する機会があったので、その帰りに大阪の『ピース大阪』(1/31)に行ってきました。 今の2年生が、4月に関西方面に修学旅行に行くのですが、ピース大阪がその行程に入っているので、下見がてら寄ってきま …

江戸時代の新田開発と商品経済の発展

帝国書院「中学校社会科のしおり」2015年度3学期号で、とてもよい教材を2つ見つけました。 (1) 新田開発を通して江戸時代の商品経済を考える。 (2) 主権者としての政治参加の意義について考えよう。 ここでは前者の教材 …

日清間における琉球帰属問題

昨日、「新政府による沖縄県の設置」というタイトルで、明治時代の教材を1つ投稿しました。 この単元は、現在の沖縄をめぐる問題を理解する上でとても重要です。 (1) 琉球王国が琉球藩となり、さらに沖縄県が設置される過程で、日 …

五円玉を使って勘合貿易を疑似体験

私は足利義満が行った勘合貿易を取り扱うとき、5円玉を使って授業をしています。 この写真は約400枚の五円玉を、紐で結んだものです。 どのように授業を展開しているかについては、近々、投稿するつもりです。 なお、勘合貿易につ …

« 1 4 5 6 »
PAGETOP
Copyright © 中学校の社会科の授業づくり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.