EUの欧州議会は ストラスブールルイーズ・ワイスビル(Louise Weiss building)に置かれています。

授業のとき、私は、子どもたちにこの動画を見せてから、地図帳やGoogleを使ってストラスブールの位置を探させています。

この動画を ストラスブール大聖堂 から始めているは、この建造物が1874年までは世界一の高さ (142m)だったとうことで、ストラスブールに興味をもたせるのによいネタだと考えたからです。

なお、欧州議会の所在地については曖昧なようで、Wikipediaの 欧州議会 には、次のように記されています。

ほかの機関と同じく、欧州議会はその所在地が定められていなかった。欧州委員会や理事会はブリュッセルに置かれた一方で、暫定的な取り決めでは欧州議会をストラスブールに置くことが定められていた。1985年に欧州議会はほかの機関との連携を考え、一部の国からの反発があったものの、ブリュッセルに2つめの議場を建設してそこに活動拠点を移していった。本拠地については1992年の欧州理事会でようやく最終的な合意に達し、それによると欧州議会の正式な所在地はストラスブールとして毎年12回の本会議をそこで開くこととされ、本会議以外の欧州議会の活動はブリュッセルで行うこととされた。このように拠点が2つとされたことは欧州議会の反発を受けたが、のちのアムステルダム条約でそのことが正式に定められた。しかしながら欧州議会の所在地をめぐっては今日に至るまで論争の火種となっている。