このページのタイトルは、ロシア語のアルファベットで表記していますが、Google翻訳で意味を調べたところ「バイカル博物館」でした。

1997年に世界遺産(自然遺産)に登録されたバイカル湖は、シベリアの真珠とよばれるほど美しいそうです。

とても水深が深く、透明度も世界最高水準とのことですが、バイカルアザラシという固有種が生息しています。

このアザラシ、とても可愛らしいので、シベリアの自然やシベリア鉄道を扱う授業の際には、その導入で使えそうな気がします。

Embed from Getty Images

世界で唯一淡水に生息するアザラシで、上の写真のとおり、眼が大きいのが特徴です。

バイカル湖西岸のリストビヤンカには、バイカル博物館(Байкальский музей)があり、バイカルアザラシがここの売りのようです。

トリップアドバイザーHPでは、Baikal Limnological Museum という頁で口コミが紹介してあります。

博物館の場所は、Googleマップで見ると下のとおりです。

*リストビヤンカ から イルクーツク までは、自動車で約1時間の距離です。

日露開戦とシベリア鉄道 ~ バイカル環状線 ~