このYouTubeの動画が取り上げているスプリングフィールド銃は、アメリカの南北戦争の後、幕末の日本に大量に輸入された銃です。

1861年にアメリカで南北戦争がはじまると、北軍はスプリングフィールド銃を、南軍はイギリス製のエンフィールド銃を使用しました。

*この銃は、マサチューセッツ州にあったスプリグフィールド造兵廠が開発したものですが、番組ではなぜか、スプリング造兵廠がコネチカット州にあったと説明しています?

幕末に流入した歩兵銃(小銃)について