産業革命期における児童の炭鉱労働について調べているとき、「Victorian Britain: Children in coal mines」というBBCの面白いサイトを見つけました。

このサイトの冒頭には「なぜ石炭がそんなに重要なのか」について、次のような趣旨のことが記されています。

現代社会においては、エネルギーの多くを電気と石油に依存しています。
ビクトリア時代には、水力(水車)から馬、さらには石炭を燃やすことによりエネルギーを得るように変化しました。現在、石油が私たちにとって重要なのと同じくらい、ビクトリア時代には石炭が重要でした。
蒸気エンジンは、石炭を燃焼させます。 蒸気エンジンは、工場の機械、列車を牽引する機関車、そして蒸気船を動かします。
石炭の全ては、炭鉱から掘られました。イギリスは地面の下の岩の中に多くの石炭を持っていました。

このサイトには、写真、ビデオ、音声の資料も載っていて、子どもの学習を支援する意図が感じられます。

◆ 詳しくは下の頁をご覧ください。

ビクトリア時代における子どもの炭鉱労働 ~ BBCサイトより ~