私は、フランス革命及びナポレオンの活躍について授業をするとき、子どもたちにフランス国歌の内容に注目させています。

フランス国歌の「ラ・マルセイエーズ」は、革命の波及を恐れる周辺諸国との戦争の際に歌われるようになったものです。

さて、その歌詞の内容は、とても残酷で過激なもので、びっくりしてしまいます。
sanglant(血塗られた)、Égorger(のどをかき切る)等の言葉が含まれています。

◆次の投稿を授業のネタにお使いください。

フランス革命➁ ~ラ・マルセイエーズから革命を考える~