南蛮人を描いたデジタル画像

安土桃山時代から江戸時代初期にかけて、スペイン人やポルトガル人との交易の様子を描いた屏風が制作され、現在90件以上が確認されているそうです。

なかでも、神戸市立博物館が所蔵する 南蛮屏風 が有名ですが、ホームページでデジタル画像が公開されています。
*このホームページには、中学1年生を対象とした出張授業の学習指導案も掲載されています。

また、国立歴史民俗博物館のホームページでも 南蛮人来朝図屏風 という作品のデジタル画像を見ることができます。

南蛮屏風(左隻)

南蛮屏風(左隻) 神戸市立博物館

南蛮屏風(右隻)

南蛮屏風(右隻) 神戸市立博物館

南蛮人来朝図屏風(左隻)

南蛮人来朝図屏風(左隻) 国立歴史民俗博物館

南蛮人来朝図屏風(右隻)

南蛮人来朝図屏風(右隻) 国立歴史民俗博物館

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください