歴史の学習では、子どもたちに本物(或いはレプリカ)を見せたり触ったりさせることができれば、授業への関心が高まります。

私は、中国文明の単元では、ネットで購入した牛の肩甲骨を見せていますが、とても反応がよくて、子どもたちをぐっと授業に引き込むことができます。

さて、今回ご紹介するのは、教材カタログで見た方は多いと思いますが、甲骨文字が刻まれた亀の甲羅のレプリカです。念願叶ってついに購入しました。
まだ一度も授業に使ったことはありませんが、新1年生の歴史の授業で使うのが今から楽しみです。

レプリカ (2)

レプリカ (4)

★材料は、亀の甲羅ではありません。たぶん石膏だと思いますが、とてもリアルです。

♪o(^o^o)(o^o^)o  子どもたちは、お腹の部分の甲羅だと気づいてくれるかな?

★参考までに、ネットで買った牛の肩甲骨の写真も載せておきます。これはワンちゃ用のおやつで、結構大きくて重いものです。

IMG_2269

IMG_2268