現在の立派な国会議事堂は1936(昭和11)年に完成しますが、帝国議会の議事堂として、46年間は木造の仮議事堂が使用されていました。

*最初の仮議事堂の場所は、現在の経済産業省の敷地(千代田区霞が関一丁目)

このことは、参議院HPの「仮議事堂~現在の議事堂が建てられるまで」という頁に詳しい説明がありますので、参考としてください。

上の図は、木戸照陽という人が編集した『日本帝国国会議員正伝』(明治23年)という書籍に載っている 国会仮議事堂正面之図 です。

*国立国会図書館デジタルコレクション

◇ この本には、300人の衆議院議員(代議士)の紹介文が掲載されていますが、下図は 犬養 毅 の頁です。

◇ 1890(明治23)年の第1回衆議院議員総選挙に当選した人物の中で、有名な政治家については、以下の頁で紹介されています。

犬養毅 p108 岡山3区 得票数   1093
陸奥宗光 p6 和歌山1区  〃    1351
植木枝盛 p29 高知3区  〃    1202
中江篤介(兆民) p39 大阪4区  〃    1352
田中正造 p483 栃木3区  〃     797
尾崎行雄 p499 三重5区  〃    1772

◇ 第1回の総選挙で当選した代議士の年齢、職業、住所については、国立国会図書館デジタルコレクション「帝国議会衆議院議員名鑑」に一覧表が掲載されています。

*第1回総選挙の立候補者とその得票数については、「政治データのブログ」~第1~6回総選挙 選挙区まとめ~」というサイトが参考になります。