1947(昭和22)年から1950(昭和25)年かけて、地主制の解体と自作農の創設のために農地改革が実施されました。

この際、地主に対しては、農地の買上金と報償金の年賦償還のために『農地証券』という証券が交付されましたが、たぶん下図のようなものだったと思われます。

*この図は、ジャパンアーカイブズというサイトの「農地解放(農地改革)・農地証券」とう頁を参考にしたものです。

最後に、農地改革については、独立行政法人経済産業研究所の「農地改革の真相-忘れられた戦後経済復興の最大の功労者、和田博雄」がとても参考になりますので、是非ご覧ください。

*以下の頁で詳しく説明してますので、教材研究の参考としてください。

農地改革で地主に交付された農地証券