幕末から戊辰戦争・明治維新に至るまでの歴史を考える上で、銃の歴史を少しかじっておくと、違う視点で歴史を見ることができます。

以下、「 歴史の中の鉄炮伝来 」-種子島から戊辰戦争まで-(2006年:国立歴史民俗博物館)を参考に説明します。

マッチロック式

(火縄式)⇒ ⇒ ⇒

フリントロック式

(火打ち式)⇒ ⇒ ⇒

パーカッションロック式

(管打ち式)

1. フリントロック式(火打ち式)

・火薬を発火させることで弾を撃ちだすのですが、火縄銃はやがて火打石を利用したものへと変化していきます。

・火打石を利用したものをフリントロック式といいますが、17世紀初頭にフランス人のマラン・ル・ブールジョワよって完成されたという説が有力のようです。

2. パーカッションロック式(管打ち式)

・雨や風などの悪条件でも確実に発火させるために、19世紀の初め頃から、パーカッションロック式の銃が使われるようになります。

・私は銃砲刀剣類の登録事務をしたことがあるのですが、パーカッションロック式を管打ち式(かんうちしき)とよんでいました。

・戦場の兵士たちはキャップのような雷管をたくさん持ち運び、それを銃のニップルに装着して使っていました。

・上の写真はシャープス銃の雷管です。1個のブリキ缶に1000発の真鍮製円盤が入っています。(長野・真田宝物館所蔵)

3. ミニエー銃

☆パーカッション式の中でも、1849年にフランス陸軍のミニエー大尉が開発した「ミニエー銃」はとても有名です。

①弾丸の装填  ②弾丸の発射

 

 

 

 

 

 

☆ミニエー弾(拡張式弾丸)について上の図で説明します。

①口径よりもやや小さい弾丸を、銃口から押し込みます。これ以前の銃では、鉛の弾丸の直径と口径がほぼ同じであり、弾丸を銃口から押し込む際には、槊杖(さくじょう)で突く必要があり、装填にとても時間がかかっていました。

②発射時には、弾丸のすそがガス圧でスカート(キュロット)のように広がって、銃身の螺旋状の溝(ライフリング)に触れてスピンがかかるように工夫されています。

・1861年にアメリカで南北戦争がはじまりますが、北軍スプリングフィールド銃を、南軍はイギリス製のエンフィールド銃を使用しました。

4. 日本への大量流入

☆幕末維新の動乱の際には、欧米から多種多様で新旧混ざり合った銃砲が大量に流入しました。

◇エンフィールド銃

国立歴史民俗博物館所蔵(1867年型:英国製)  前装式

◇スナイドル銃

国立歴史民俗博物館所蔵(1869年型:英国製) 後装式

スナイドル銃は、前装式のエンフィールド銃を後装式に改造したもの

◇スプリングフィールド銃

武蔵村山市歴史民俗資料館所蔵(1855年型:日本製) 前装式

*アメリカ陸軍のスプリングフィールド銃(1855年型)をモデルに幕府が製造。

◇南北戦争で使用されたスプリングフィールド銃

YouTube 歴史を塗り替えた兵器「スプリングフィールド銃の破壊力」

幕末・維新期の武器商人の明暗 ~ グラバーとスネル ~