地理・歴史・公民のネタ探し

産業革命期のイギリスの鉄道網(1836年頃)

  • HOME »
  • »
  • 産業革命期のイギリスの鉄道網(1836年頃)

イギリスの産業革命を支えた鉄道ですが、その黎明期に敷かれた「ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道(1825)」と「リバプール・アンド・マンチェスター鉄道(1830)」には、鉄道の父とよばれるジョージ・スチーブンソン(1781~1848)と、その息子ロバート・スチーブンソンの2人が深くかかわっています。

1. ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道

1825年に開業した鉄道で、世界で初めて蒸気機関車による営業運転が行われました。

ダーリントンとストックトン・オン・ティーズの間に建設された鉄道で、延長26マイル(40km)で、ロコモーション号が走りました。

*教科書に馬と競争している絵が資料として載っていますが、これがロコモーション号だと思われます。

The Opening of the Stockton and Darlington Railway, 1825

2. リバプール・アンド・マンチェスター鉄道

港町リバプールと工業都市マンチェスターの間に敷かれた、35マイル(56km)の鉄道で、1830年に開通しました。

息子のロバート・スチーブンソンが設計したロケット号が運行しましたが、9月15日の開通式当日、世界初の人身事故を起こし、地元リヴァプール選出の代議士ウィリアム・ハスキソンが亡くなっています。

3. S&DR鉄道とL&M鉄道が敷かれた場所

4. 黎明期のイギリスの鉄道網(1836年)

 

*上図は1836年頃のイギリスの鉄道網ですが、既にロンドンを中心に工業都市をつなぐネットワークが形成されています。

*この鉄道網の地図は、「山武の世界史」というブログに載っていた地図を参考にして作成しました。おおもとは、第一学習社の「最新世界史図表」のようです。

◆ 追加:1852年頃の鉄道と工業都市に関する資料が、学び舎の教科書がありましたので、それを参考に下図を作成しました。

1830年開通 ~ リバプール&マンチェスター鉄道 ~

イギリス鉄道の黎明期 ~ アルバート殿下とプラネット号 ~

歴史

歴史

PAGETOP
Copyright © 中学校の社会科の授業づくり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.