地理・歴史・公民のネタ探し

南北戦争とアメリカにおける近代国家の形成

  • HOME »
  • »
  • 南北戦争とアメリカにおける近代国家の形成

◆ 授業の目標

南北戦争の背景に迫ることで、アメリカが工業国として発展を始めたことに関心をもつ。

*次のようなことを踏まえて授業のネタを作ってみました。

① 奴隷制度に反対するリンカーンが大統領に当選し、これに不満をもつ南部がアメリが連合国として独立した。
② もしも大統領が南部の独立を承認していれば、多くの兵士や民間人の犠牲をださなくてもよかった。
③ ただし、現在のアメリカは2つの国に分かれており、その後の大国としての発展はなかったかもしれない。
④ もし、南北戦争において南部が勝利していたならば、同様にアメリカは2つの国に分裂していたかもしれない。

1 今日の勉強は、次の行進曲と大いに関係があります。

*南北戦争の時の南軍の行進曲「I Wish I Was in Dixie」

2 プリントに大統領と星条旗の画像を整理して貼りつけなさい。

3 1860年10月、奴隷制度に反対だった リンカーン が大統領選挙で勝利しました。

4 同年12月、ノースカロライナ州がアメリカ合衆国から離脱しました。

5 1861年2月、アメリカ連合国がアメリカ合衆国から独立しました。

(1) 元軍人のデイヴィスが大統領に選ばれる。

(2) 最初は7州だったが、最終的には11州になる。
・最初の7州は、➀サウスカロライナ ➁ミシシッピ ③フロリダ ④アラバマ ⑤ジョージア ⑥ルイジアナ ⑦テキサス
・南北戦争が始まってから、⑧バージニア州 ⑨アーカンソー州 ⑩テネシー ⑪ノースカロライナ州が加わる。

(3) 同年4月、北軍と南軍(13州)の戦争が始まる。(南北戦争)
*⑫ミズーリと⑬ケンタッキーが南軍に味方した。

6 グループで次のテーマで話し合いをしよう。

あなたがリンカーン大統領なら、南部の独立を承認しますか。

A 承認する    B 承認しない   C その他

7 戦争が起こった背景と、戦後のアメリカ合衆国の工業の発展についてまとめましょう。

北部 工業化を進めており、イギリスの工業製品の輸入を制限したい。
南部  イギリスとの関係が深く、奴隷を使って栽培した綿花を輸出している。

◆ 映画「風と共に去りぬ」の映像などを見せて、南部の大金持ちのお嬢様をネタにして、綿花プランテーションや奴隷制度に触れると子どもたちの興味がわくと思います。

歴史

歴史

PAGETOP
Copyright © 中学校の社会科の授業づくり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.